バイク整備士を目指そう

バイク整備士を目指そう

バイクが好きな人が目指したい

バイクが好きという人はたくさんいると思いますが、「バイクの整備士になりたい!」と考える人は意外と多くないのではないでしょうか。

 

整備士というと、どこかとんでもなく難しい職業であるイメージがあるため、単に「バイクが好き」というだけではどうにもならないと思うのも不思議はないでしょう。

 

ただ、逆に考えると、バイクの整備士にはどんな人が向いているのか・・・ということになります。

 

そんなときに、「バイクにはまったく興味がないけれども、整備士にはなりたい」というケースはほとんどないと言っても過言ではないはずです。

 

つまり、バイクが好くな人なら、バイクの整備士になるチャンスがあるというか、バイクの整備士にはその時点で「向いている人」であることは間違いありません。

 

バイク整備士の需要は非常に豊富です。バイクが好きな人がそれだけ多く、バイクの魅力に完全に感化されてしまったという人もたくさんいるのです。

 

そして、バイクの整備士になりたいと考える人も、そういう人が多いです。つまり、趣味の延長が仕事になっているという、これ以上ないレベルの幸せ者であるという考え方もできるわけです。

 

基本的にバイクはお金がかかる乗り物です。それでありながら、たくさんのお金をかけてバイクを愛する人が多いです。

 

バイクにはそれだけの価値があると考える人が多いのです。

 

そういう素晴らしい対象を仕事にすることができるというのは、普通の職業では得られない幸せを得られるということなのではないでしょうか。

国家資格を取得

正式に「バイクの整備士」として働きたいのであれば、バイク整備士の国家資格を取得する必要があります。

 

国家資格がなくても、バイクの整備士として働くことができないわけではありませんが、やはり資格があったほうが就職の際にはるかに有利になりますし、また、自分でバイク店を経営することができるなど、いわゆる「ツブシ」が利くことも間違いありません。

 

それに、やはり多くのお客さんからの信頼を得るためには、最低限「国家資格」だけは取得しておくべきであると言えます。

 

バイクの整備士の国家資格を取得するためには、整備系の専門学校に通うというのが一番の早道であると考えられます。

 

正式にバイクの整備士として働くために必要となる国家資格は、「二輪自動車整備士」という資格です。

 

ですから、この分野の学習ができるコースが用意されている専門学校に通うのがベストです。

 

また、そのときに合わせて「自動車整備士」の資格も取得しておくことをおすすめします。

 

ここでいう「自動車」とは、広義に「四輪車」ととらえてよいでしょう。

 

バイクだけではなく、四輪車の整備もできるとなると、その可能性はさらに大きく広がるという想像は容易につくのではないでしょうか。

 

整備士として就職するためには、「2級」以上の資格を有している必要があるとされます。

 

二輪自動車整備士の場合は、1級〜3級までありますが、3級だけでは正式なバイクの整備士として働くことはできないのが一般的です。

 

ですから、就職を考えて資格を取得するのであれば2級以上を目指してください。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ